会員様限定 5,400円(税込)以上お買い上げで送料無料!

一気にオシャレ・フォトジェニックに!マスキングテープの使い方

一気にオシャレ・フォトジェニックに!マスキングテープの使い方

雑貨店や文具店でよく見かける「マスキングテープ」。せっかく買ったマスキングテープですから、たくさん使い倒したいですよね。
この記事では、マスキングテープの使い方についての解説を始めとし て、シモジマオンラインショップで取り扱いのあるマスキングテープをご紹介します。

  1. 余りやすいマスキングテープ
  2. マスキングテープの使用例・アイデア
  3. マスキングテープを貼るとき・剥がすときのコツ
  4. シモジマオンラインショップで取扱のあるオススメのマスキングテープ

1.余りやすいマスキングテープ

色とりどりで、たくさんの模様や柄のあるマスキングテープ。
お値段もお手頃なものが多いので、「あれもかわいい!これも気になる…」と、ついたくさん買ってしまいがちですよね。
しかし、ラッピングの機会ってそれほどないですよね。
身の回りの小物や手帳などをデコレーションしても余ってしまって、収納ケースには溢れんばかりのマスキングテープが…という経験をした方も少なくないのではないでしょうか。

そこで、今回はマスキングテープの使用例や活用アイデアをご紹介していきます。
また、マスキングテープを貼るとき、剥がすときのコツもご説明していきますね。

2.マスキングテープの使用例・アイデア

1.ラッピングやデコレーションに

マスキングテープの代表的な使い方ですね。
お友達へのプレゼントのラッピングに使ったり、家にある小物にちょっと貼り付けるだけで、簡単にオシャレにすることができます。

2.手帳に貼る

シンプルな手帳や、使い始めから時間が経って飽きてきた手帳のデコレーションをしてみましょう。
ページの辺の長さにマスキングテープを切って、折り込むようにページの端に貼り付けるだけ。
またインデックスや付箋代わりとして、テープを小さく切り、ページの端からはみ出るように折り込むのもおすすめです。
新鮮な気持ちで毎日手帳を開くことができますよね。

3.壁にポストカードなどを貼る

壁に貼りたいポストカードや写真、イラストってありますよね。
画鋲で留めると壁に傷がついてしまうし、セロハンテープや両面テープで貼ると、剥がすときに壁紙ごと剥がれてしまうこともあります。
しかし、マスキングテープであれば貼って剥がすことができるのでおすすめです!
柄入りのマスキングテープなら、お部屋のオシャレ度もアップしますよ。

4.ウォールステッカーにする

クリスマスやお誕生日、お祝いごとなど、一日だけお部屋をイベント仕様にしたいとき、マスキングテープがあると、とても便利です。
このとき、オーナメントやポストカードを貼り付けるだけではなく、マスキングテープ自体をウォールステッカーにするのがポイント!
ちょっとずつ切れば、壁にマスキングテープで文字を描くことができますよ。
「HAPPY BIRTHDAY」や「MERRY XMAS」など、大文字のアルファベットにすれば、直線が多いので貼りやすいですよ。
またいつものインテリアとしてもおすすめです。

5.本や雑誌の背見出しに貼る

蔵書を並べて、きちんときれいにしているつもりの本棚。
しかし、なかなか目当ての本が取り出せなかったり、じっくりとタイトルを追っていかないといけなかったり…意外と時間がかかってしまいますよね。
そんなときにもマスキングテープが役に立ってくれます!
どうするのかというと、本の背見出しに、ラベルのようにマスキングテープを貼るだけです。
ジャンルごと・作家ごと・よく読む本など、カテゴリーごとに同じ色・柄のテープを貼っておけば、本へのアクセスがとても便利になりますね。
蔵書の整理もでき、一石二鳥ですよ。

3.マスキングテープを貼るとき・剥がすときのコツ

マスキングテープを貼るとき・剥がすときのコツ ここまで、マスキングテープの使い方についてご紹介しました。
家にあるマスキングテープを早速使ってみよう!と思われた方もいらっしゃるかもしれませんね。
しかし、その前に覚えていただきたいのが、「マスキングテープの貼り方と剥がし方」。
せっかくオシャレにデコレーションするのですから、ズレて貼ってしまったり、汚く剥がれてしまうのは嫌ですよね。
マスキングテープのコツを覚えて、楽しくデコレーションしていきましょう!

1.貼るときのコツ

まず、マスキングテープに柄が入っている場合は、上下を間違わないようにきちんと確認しておきましょう。
また半透明のマスキングテープは、貼ったものの色が透けてしまいますよね。
変に透けてしまわないか、貼る前に壁に合わせて確認しておくのがおすすめです。

貼るときは空気が入らないように、ゆっくり、しっかりと手で抑えながら貼っていくと、うまく貼れます。
まっすぐ貼りたいときは、定規などを横に置き、それに沿って貼っていくと、ピシッとまっすぐになりますよ。

2.剥がすときのコツ

剥がすときは、まずテープの角になっている部分を爪で浮き上がらせます。
そこから剥がしていきますが、できるだけゆっくりと時間をかけて剥がすのがおすすめです。
壁紙や手帳のページなど、下地が一緒に剥がれてしまう可能性を防げますよ。

また剥がしたら、マスキングテープを貼っていた部分を少し放置して乾かします。
すぐに触ったり、何か書いたりすると、残っているのりがひっついてしまうことがあります。
ほこりなどがくっついていたら、優しく爪などで取ってあげると綺麗になりますよ。

4.シモジマオンラインショップで取扱のあるオススメのマスキングテープ

今回はマスキングテープの使い方とコツをご紹介しました。
ついついいろんな種類を買ってしまうけれど、あまりがちなマスキングテープ。
アイデアを活かして、いろんな場面で活躍させてあげましょう!

マスキングテープを購入する際は、以下のような商品がおすすめです!

4971910186350
4901755187939
4901755187656
4901755187977
4571351393661

マスキングテープのカテゴリページはこちら