会員様限定 5,400円(税込)以上お買い上げで送料無料!

新型肺炎の感染拡大防止に伴う、カスタマーセンター営業時間縮小・商品の品切れ・出荷状況について(2020年4月10日現在)


結婚するときにはぜひ欲しい!リングピローって?

結婚するときにはぜひ欲しい!リングピローって?

結婚が決まって幸せな日々がスタート!
でも同時に、結婚式や披露宴をする場合はとても忙しくなりますよね。
ドレスに花などの目立つもの以外にも、こまごまとした小物がけっこう必要になります。
結婚式では指輪の交換が行われますが、そのとき指輪を置く可愛い小物があります。
リングピローという小さな置き場所です。
クッション型が主流ですが、今では様々な形のものがあります。
市販のものや自分だけの手作り‥自分好みのリングピローを見つけてみませんか?

  1. リングピローとは?
  2. いろいろなリングピローのご紹介
  3. リングピローは買うもの?作るもの?
  4. シモジマオンラインショップで取扱のあるオススメのリボン

1.リングピローとは?

リングピローとは?

結婚式で行うセレモニーの中でも、厳かな雰囲気の結婚指輪の交換の儀式。
新郎新婦がその指輪を手に取るまで、リングピローという指輪置き場に準備されています。

そもそもリングピローの由来は、古代エジプトに遡ります。
古代エジプトでは、結婚式の間に宝石を枕状の装飾台に乗せていたそうです。
そして王族に宝石を献上する際に、直接手渡しでは失礼にあたる為ピローの上に乗せお渡ししていたようです。
時は流れ、ヨーロッパの挙式で指輪交換が行われるようになり、指輪をピローの上に乗せて運ぶようになったのが由来だといわれています。

またヨーロッパではリボンや縄を一つに結ぶことが「約束」を意味しており、永遠の愛を約束する意味が込められています。
その風習からリングピローにはリボンが付けられており、挙式には欠かせない演出アイテムとなっています。

現在では15~20cm程度の大きさのリングピローが主流ですが、昔はその倍ほどの大きさだったそうです。
しかも中身は羽毛を利用していたとか。
実は昔は結婚式で使ったリングピローを大事に保管し、やがて二人の間に生まれた赤ちゃんの枕に「ファーストピロー」として利用していたそうです。
生まれた赤ちゃんに初めての枕としてリングピローに三日間寝かせると、その赤ちゃんは健康で幸せに育つと言い伝えられていたようです。

結婚した二人だけでなく、その間に生まれた赤ちゃんにも幸せをもたらしてくれるリングピロー。
これから一緒に歩む二人にピッタリな幸せにあふれるアイテムですね。

2.いろいろなリングピローのご紹介

今では色々なリングピローがあります。
市販のものだけでなく、ハンドメイド品もたくさん出回っています。
また自分が手作りしたり、友人や親族から手作りしてもらったりと、自分たちで手作りしてしまう場合も多いでしょう。
その為手作りキットも色々用意されています。

中でも主流なのは、白を基調にレースで装飾されたクッション型のリングピローです。

クッション型のリングピロー

教会で映えそうな、純白で美しいデザインです。
サムシングフォーの中の一つ、サムシングブルーを取り入れた水色を一色加えたデザインも素敵ですね。
世代を問わず人気のデザインかと思います。

次に華やかさをプラスしたい場合は、お花をあしらったものが多いです。

クッション型のリングピロー

レースも良いですが、立体的な美しさを出すならお花をあしらうのが良いでしょう。
白やアイボリーベースのお花も良いですが、思い切ってカラフルなものも。
また小花を散らすデザインではなく、リングピロー自体がお花のデザインもありますよ。
人生で一度のイベントですから、新婦さんの好きなデザインをとことん探してみては。

洋風の挙式でなく、和風の挙式で使う和の雰囲気のリングピローもあります。

和風の挙式で使う和の雰囲気のリングピロー

日本式の挙式の場合、リングピローだけ洋風だとミスマッチですので、和のリングピローで合わせます。
和風という事で、洋風の場合よりも色が鮮やかになる場合が多いです。
紅白にちなんだものや、和柄の鮮やかな色使い。
白無垢でなく色打掛や引き振袖で挙式する場合、自分の着る着物に合わせて選んでみてはいかがでしょうか。

枕型でない場合も多くありますよ。
ぬいぐるみが指輪を持っていてくれているデザインも人気です。

ぬいぐるみが指輪を持っていてくれているデザイン

こんな可愛らしいぬいぐるみに迎えられたら、嬉しくて微笑んでしまいますね。
自分の好きなキャラクターがいるなら、手作りしてしまうのも手ですね。

他にもリングボーイやリングガールが持ちやすいようにしたデザインも。

リングボーイやリングガールが持ちやすいようにしたデザイン

これなら運んでいる途中で落としてしまう心配も少なくなるかも?
リングボーイやリングガールの緊張も少し和らぐでしょうか。

探してみると色々ありますよね。
自分の挙式にはどんなスタイルが合いそうですか?
素敵な演出をしてくれるリングピロー。
衣装や会場の雰囲気などに合わせて、自分だけのオンリーワンを探してみてください。

3.リングピローは買うもの?作るもの?

これまで様々な種類のリングピローをご紹介いたしました。
色々あるけど、自分だけのリングピローを作りたい!
もっと自分たちの挙式にピッタリのものを作りたい!という方もいらっしゃるでしょう。
では手作りにする場合はどうでしょうか?
手作りの場合と市販のものを買う場合、それぞれのメリットとデメリットをみていきましょう。

1.一から手作り

手先が器用で、裁縫や小物づくりが得意な方は材料選びから始めます。
どんなものを作るかで変わってきますが、クッション型なら生地と綿・レースやリボン。
花をベースにするなら造花を用意して、自分のイメージを形にしていきましょう。
デザインだけでなくその場での耐久性も重要ですので、しっかりとした造りでないと当日トラブルがあっては大変です。
当日までに何度か試してみて、自分だけのリングピローを作ってみましょう。
コストは100均を利用すれば数百円~2,3000円程度。
いい物を使えばその分コストはかさみます。

メリット

  • 自分たちだけのオリジナルデザイン。
  • アレンジも自由自在。
  • 思い入れが強いものが出来上がる。

☆デメリット

  • 作品によってはコストがかかる場合も。
  • 耐久性や実用性など、使ってみないと分からない。
  • デザインから考えるので、時間がかかる。

2.手作りキットを使う

手先がそこまで器用ではないけど、他の人と同じものや、既製品ではなんか味気ない‥
そんな方には手作りキットがオススメです。
既に材料が揃っており、裁断や部品が出来上がっているものがほとんどです。
少しだけ自分で手を加えてアレンジして、しっかりしたものが出来上がります。
コストは約1500~7000円程度。

☆メリット

  • 材料が揃っている。
  • 時間があまりかからない。
  • 自分らしさも出せる。

デメリット

  • デザインが好みのものがない事もある。
  • 商品によってはコストもかかる。

3.完成品のものを買う

とにかく時間がないので、完成品のものを使いたい!
そんな場合は既に出来上がった市販の完成品を用意するのが一番です。
あまりこだわらなければ、今は色んなデザインのものが出ています。
完成品だと約3500~12000円程度で入手できます。

メリット

  • すぐに用意できる。
  • 作りがしっかりしている。

デメリット

  • コストがかかる。
  • デザインに限りがある。
  • 他人と被る可能性がある。

以上が買った場合と、手作りした場合のメリット・デメリットです。
リングピローを用意する段階であれば、すでに日取りが決まっていることでしょう。
期日に間に合うことが重要ですので、自分のスケジュールとよく相談してきめましょう!

4.シモジマオンラインショップで取扱のあるオススメのリボン

色々なリングピローがありましたね。
昔からの由来があり、挙式では重要な役割を果たすリングピロー。
手作りする際に必要な重要な意味のあるリボンを、シモジマオンラインショップで取扱のあるものをご紹介いたします!

4901755164206
4901755135435
4901755159264