STYLE WRAPPING ~ハロウィンパーティにおすすめのラッピングアイディア~
シモジマハンドメイド部
2020/08/28 00:00

ゾクゾク?ワクワク?おばけがいっぱいのハロウィンデコレーション

おうちで楽しむハロウィンナイトに、愉快なモンスターたちを招いてみませんか? 丸シールを使ったちょっとしたアイディアで、シーズンイベントを盛り上げます。

丸シールの目玉がキュート!モンスターラッピング

1. まずは、ギフトボックスをかわいいモンスターに変身させちゃいましょう。 使うのは、はさみでしごくとクルクルと巻けるカーリングリボン。端を長めにとって箱の側面に1周させます。 2. リボンを少しゆるめてもう1周させます。 3. 端と端を中心で交差させ、箱にかけたリボンの下をくぐらせて固結び。リボンを長めに残してカットします。 4. 側面の2周させたリボンを両側とも開きます。きつく巻きすぎてしまうと、ここで開きにくくなってしまうので注意です。 5. もう1本別に長めのリボンを用意して、結び目の下にくぐらせ固結びをします。 6.ハサミを閉じて、角と親指でリボンをはさんだままひっぱり、カーリングさせます。 リボンの根本からカールさせると、きれいにクルクルとした動きが出ます。 7. 4本すべてをカーリングさせたら、互いに絡めるようにしてまとめます。 8. ポイントは、結び目が隠れるように!フワフワとしたモンスターの頭になります。 9. 大きめの黒い丸シールを貼って、その上に白い丸シールを重ねるとキョロっとした目玉になります。かわいいモンスターラッピングの完成です! カーリングリボンは多色使いもおすすめ。その際は、5.で使うリボンは先に箱にかけたリボンとは別の色を用意します。 はさみでリボンをひっぱる時は、強めにひっぱると細かいクリクリのカールになり、弱めにひっぱるとゆるやかなカールに仕上がります。

ペーパーバッグでつくるちびっこモンスター

アメリカではハロウィンの日、家を訪ねて来る子どもたちにお菓子を配ります。 子どもたちの合言葉は「Trick or Treat!」。「お菓子をくれなきゃイタズラしちゃうぞ!」という意味です。 日本でもここ数年、ハロウィンがすっかり定着してきました。仮装した子どもたちには、キャンディやチョコレートなどを詰めてペーパーバッグに入れてあげましょう。 バッグはカットしてフサフサなヘアスタイルにします。目玉シールを貼ってちょっとお茶目なお化けに!パーティーのお土産にも使えます。

つくり方

1. ペーパーバッグの上部を折り、1㎝間隔で折り線まで切れ込みを入れます。 2. 切れ込みを入れた部分を中心に寄せます。 3. 寄せた部分にカーリングリボンを結びカールさせ、丸シールの目玉を貼って出来上がり!

SEASON STORY 「Have a frightfully fun Halloween!」

10月31日はハロウィン。 日本でもすっかり定着して仮装をしたり、パーティーを開いて家族や友人と過ごす楽しいイベントとなっています。 大勢で楽しむパーティーには気軽に使える紙コップや紙皿が便利です。ワイワイと多くの人で過ごす空間、万が一落としたりしても割れる心配もありません。 でもシンプルすぎてちょっと物足りない…そんな時、丸シールを貼って特別な器にしてみましょう。そのまま貼っても、はさみでカットしてウィンクさせたり、おすましさんや怒りん坊など表情は自由自在に作れます。立食では誰のコップかわからなることがありますね。そんな時も、自分だけの「目玉」が付いていると間違えることもありません。ゲストに作ってもらっても楽しんでもらえるでしょう。 この「目玉シール」、紙コップ以外にもいろいろ使えます。例えばシンプルなノートやスマートフォンなどに貼ってみるとおしゃれ! プレゼントに使うときには「目玉」シールを貼って、カーリングリボンをつけてみましょう。クリクリのアフロヘアーにしても、ゆるやかな大人ウェーブにしても素敵。カラーもたくさん種類があるので思い思いのカラーリングを楽しんでください。 ハロウィンはワイワイと賑やかに気の合う仲間や家族、子供たちと過ごしましょう。 「Have a frightfully fun Halloween!ぞっとするほど楽しいハロウィンを!」