技術力の維持と新しい情報を仕入れに、今もたびたび受講しています!
岩上
2020/10/23 00:00

シモジマラッピング講習会:受講生インタビュー Vol.3

MIYUKIさん お名前:MIYUKI様(主婦) シモジマでは約36年にわたって、ラッピング講習会を開催しています。 初めてラッピングにチャレンジするという方から、すでにお仕事でラッピングをしているという方まで、レベルや目的に応じた細かなクラスラインナップで、長く愛され続けています。 今回は、受講生のMIYUKIさんにインタビューさせていただきました! インタビューにお答えいただいた、受講生のMIYUKIさん。もともと贈り物を自分で包むことに興味を持っていたそう。 ラッピング講習会にご参加いただいたことで、どんな変化があったのでしょうか?

修了証をいただけてやりがいがありました

スタッフ 最初に、ラッピング講習会に参加していただいたきっかけを教えてください。 MIYUKIさん はい。 元々、高校生のころから包んで贈るということに興味があったんです。 就職で、ラッピングの材料を製造・販売している会社に入社したんですが、業務は販売が主で、ラッピングの技術を磨く機会にはなかなか恵まれませんでした。ラッピングも、そのころは自己流で包んでいたんです。 その後主婦になり、時間に少し余裕ができたので、1からじっくりと講習会を受けなおしてみようと思ったときにシモジマのラッピング講習会に出会いました。お免状もいただけてやりがいもあり、その後も技術が衰えないようにという目的と、新しい組み合わせなどを試したい時などにちょこちょこ講座を受講しに来ています。

失敗も経験して、いろいろな側面からラッピングを楽しめるように

スタッフ ラッピング講習会を受講していてよかった点は何ですか? MIYUKIさん そうですね、リボンの結び方のコツを、人に教えられるまでになれたこともうれしかったですし、いくつかの品物を集めて一つのギフトにしたいときなんかも、自分でかわいく包めるようになったことも良かったです。手作りの品を贈るときにも自分で包めるし、ハンドメイド作品の販売時のパッケージなどにもラッピング技術が役立っていると感じます。 ラッピング講習会を受講して、生活ががらりと変わったなんてことはありませんが、包む技術を習得できたおかげで失敗も経験しながら自身でいろんな側面から考えて楽しめるようになりましたし、包むこと以外にも役に立つ場面があるので、包むことが好きで本当に良かったと思っています!