ログイン後の購入履歴におけるシステムトラブルについて


ラッピングでコスパに高級感を演出できるテクニックをご紹介!

シモジマ オンラインショップスタッフシモジマ オンラインショップスタッフ

コスパに高級感を演出する技

1.はじめに

ギフトラッピング

年々高まりを見せるギフト市場。ラッピングのご要望にお応えしようと思うけど、かわいいラッピングをする技術を持っていなくて困っている。なんてお声をよく耳にします。手軽な紙製の角底袋や平袋のかわいい柄物をギフト用にしているというお店も多いですよね。

今やギフト対応は顧客満足の重要な要素。対応はしているけど、どこかお客様の満足感を感じられない、というお店の店長様に、低価格でもチャレンジできる、ワンランク上のラッピングテクニックをご紹介します。

2. ラッピングの種類は何種類必要?

ラッピングの種類ワンランク上のラッピング?

お店にあるラッピング用品はどんなものでしょうか?箱詰めにしてシールを貼る、リボンを結ぶ、などなど、お店によって様々な工夫をされていると思います。
お店のラッピングのバリエーションは何パターンありますか?有料のラッピング用に箱とリボンシール、無料のラッピング用にPP素材の袋とリボンで、それぞれサイズは3種類ずつ。もし、そのくらいの用意があるなら、お客様のご購入の品に合わせて、ピッタリサイズでラッピングができますね。
でも、そんなには用意できないと思われた方も大丈夫。少ない資材でラッピングの幅を広げるテクニックもあるんです。
そんな時に便利なのが袋のラッピング。今使用されているのが紙製の袋なら、それを変えずにラッピングのバリエーションを増やすこともできますよ。

3. もうワンランク上のラッピングを。

ワンランク上のラッピング?

ラッピング用に用意しているのは紙袋とシールというお店が、ラッピングの種類を増やしたいからと箱や包装紙、リボンなどを一式すべて買い足すのは大変なこと。しかも、包装紙などを使ったラッピングにはテクニックも必要です。すぐにすべてに対応することは難しいというお店が多いのではないでしょうか?
そこで用意したいのは、普段ラッピングで使用しているよりも、ちょっとだけ高級なリボン。今リボンは使っていないというお店にももちろんおすすめです。
普段のラッピングが、箱や袋にシールを貼っている、というお店なら、このシールをリボンに変えてみましょう。美しく結ぶことができなくても大丈夫。誰でも簡単にリボンを使った素敵なラッピングを作成する方法があるんです。

4. 予算はそのまま、コスパに高級感を出すテクニック

普段よりも高級なリボンを買ってしまっては、コストが上がることが心配になりますよね。リボンは、包む物にもよりますが、一度のラッピングに数十センチメートルを消費します。でも今回は、そのリボンを結ばずに使用することでコスパを実現。
方法は簡単。リボン状にひねったリボンを、シールで留めます。シールごと箱や袋に貼ってしまえば、見た目の華やかさが格段にアップしますよ。そのうえ、使用しているリボンの長さは、リボンを巻く際の長さの半分以下で済むんです。
リボンは素材によって固さやコシの強さが違っていて、ものによっては結びづらい素材もあります。でもこの方法ならどんな素材でも問題なし。
もしお店にシールが数種類あるなら、事前にリボンをリボン状にしたものをホチキスで留めておいて、お客様からラッピングのご要望があったときにピッタリのシールで留めるようにすればシールの使い分けもできますよ。

5. ひと工夫で変わる!愛されラッピング。

このように、ちょっとしたひと工夫で今あるラッピングをワンランク上のラッピングに仕上げることができることが分かりましたね。
更にもうひと工夫。袋の周りを違う素材の紙でぐるりと巻くと、同じ袋を使っていても雰囲気がガラリと変わります。その紙をニュースペーパー柄にするとカジュアルダウンもできて素敵。
今使用している袋が柄物なら、あえて白無地の紙を巻いても。その時にお店の名前やロゴが入った紙を巻けば、お店のアピールにもなって一石二鳥なんです。
このように、特別な技術がなくても、ちょっとした発想でラッピングの幅はどんどん広げていくことができるんですよ。

6.まとめ

いかがでしたか?今あるラッピング用品をガラリと入れ替えなくても、工夫次第でラッピングの幅は広がっていくことが分かりましたね。遊び心を加えた、お店オリジナルのラッピングは、お客様の心にきっと残ります。ぜひ考えてみてくださいね。

ギフトラッピング情報のページに戻ってほかのお役立ちコラムを読む

ワンランク上のラッピングにおすすめのアイテムをご紹介

4901755170061
4901755205336
4901755178593