会員様限定 5,400円(税込)以上お買い上げで送料無料!

ラッピングの基本


用紙
包装紙計算ツール
斜め包み

箱を紙の対角線に対して垂直になるように、表面を上にして置きます。右下は紙からはみ出すようにしてください。

斜め包み

手前の紙を持ち上げてしっかりと箱にあわせるようにかぶせます。この時左角が隠れる且つ★部分が2~3cmあるようにします。

斜め包み

紙を箱の角に合わせて、内側にひだを作るように折りこみます。この時A辺にB辺がぴったり合うように十分に注意して折りこんでください。

斜め包み

③の要領で折りこみます。こちらもA辺にB辺が合うように★部分で調節しながら折ってください。

斜め包み

③の要領で1を折りこんだ後に2を折りたたみます。

斜め包み

箱の対角線で斜線部分を内側に折りこみます。折りこむ前に軽く谷折りしてすじをつけておくと綺麗に折れます。

斜め包み

中心にテープを貼って完成です。

用紙
包装紙計算ツール
キャラメル包み

包装紙が縦長になるように置きます。箱を裏面が上になるように中央に置きます。やじるし部分は特に注意して合わせてください。片方が短すぎると包めなくなってしまいます。

キャラメル包み

祝儀や一般的な贈り物は図のように左、右の順に、不祝儀は右、左の順に紙をあわせてテープで止めます。見栄えを良くするため、上にくる方の紙の端は1cm程度内側に折ってください。たるみができないようにしっかりとあわせてください。

キャラメル包み

角と紙をしっかりあわせて折りこみます。この時に紙と箱がずれてしまいがちなので注意して折ってください。

キャラメル包み

残りの下部分も箱の角に紙をしっかりあわせて折ります。

キャラメル包み

端部分を内側に折りこみテープで止めます。この時、拡大図のようにY字なるように折ってください。

キャラメル包み

反対側も3~5のように折って完成です。

キャラメル包み

テープを貼る時はナナメではなくきちんとまっすぐ貼ってください。

用紙
包装紙計算ツール
風呂敷包み

箱は表面を上に向けて中央、a~dまでの長さがすべて同じになるように置きます。

風呂敷包み

手前の紙を箱に向かって折りたたみます。

風呂敷包み

たるまないよう、箱の角と紙をしっかりあわせて折りたたみます。その後☆部分が45°になるよう内側に折ります。

風呂敷包み

反対側も同様に折ったら中心をテープで止めます。

風呂敷包み

反対側も同様に折ったら中心をテープで止めます。

風呂敷包み

両端を☆部分が45°になるように内側に折りこみます。

風呂敷包み

中心にテープを貼って完成です。

十字かけ

蝶結びに必要な長さを確保した後にリボンをまわしかけます。

十字かけ

ねじれは蝶結びが曲がってしまう原因になります。ねじれないように注意しながら巻いてください。

十字かけ

Bを十字の左下から右上にくぐらせます。

十字かけ

Aを左下に持ってきます。この時左右を交互にしっかりとひっぱってください。

十字かけ

Aで輪っかを作り、蝶結びをします。

十字かけ

完成です。

斜めかけ

蝶結びに必要なだいたいの長さを確保します。短いと後で調節ができなくなってしまうので、慣れるまでは気持ち長めに確保するのがオススメです。

斜めかけ

リボンが斜めに並行になるように、箱の体格の角にリボンを回しかけます。

斜めかけ

回しかけ終わったら蝶結びをします。

斜めかけ

最後に蝶結びの位置を調節して完成です。

カーリングリボン

15~20cm位の長さのカーリングリボンを4~5本用意します。

カーリングリボン

用意したうちの1本で残りのリボンをまとめて、真ん中をしばります。(抜け落ちないようにしっかりと)

カーリングリボン

ハサミは刃をとじたままの状態で手ににぎり、リボンの中央の結び目から先端へ向けて図のようにしごきます。

カーリングリボン

すべてのリボンにカールをつけます。

カーリングリボン

別のカーリングリボンで十字がけした中央にのせ、リボンAとBで結びつけます。結びつけたリボンABも同じようにカールをつけてなじませます。

カーリングリボン

※ハサミでリボンをしごく際に、リボンは図のように急カーブをつけてしごくと、きれいにカールできます。

リボンボウ

リボンの端を開き、中の2本の細いリボンを引きます。

リボンボウ

細い2本のリボンをゆっくり引っ張ると、ボウの形に仕上がっていきます。

リボンボウ

ボウの形を整えたら、2本の細いリボンの根元を結びます。

リボンボウ

細いほうのリボンをハサミ等でカーリングさせて出来上がりです。

リボンボウ

完成です。パッケージ、ガーデニングや花束のラッピングにご利用下さい。

ハサミ

ハサミ

リボンやワイヤーなどを切る時に使います。よく切れるハサミがベストです。直線切りの他、切り口が山形に切れるピンキングハサミもあると便利です。

商品一覧

カッターナイフ

カッターナイフ

包装紙を切る際に使用します。
刃は大型のものではなく、小型のよくしなる長いものを使用しましょう。

商品一覧

テープ類

テープ類

セロテープと両面テープ両方あると便利です。両面テープは幅7mm~12mmくらいの細めの巾で紙製のものがいいでしょう。

商品一覧

ホッチキス

ホッチキス

飾りリボンを作ったり、袋の口を止める時に使用します。重ねて使うことも多いので、事務用のしっかりしたものがおすすめです。

商品一覧

穴あけパンチ

穴あけパンチ

リボンを通して結ぶ時に使用します。
2穴のものより1穴の方が自由に穴を開けられるので便利です。

商品一覧

ワイヤー

ワイヤー

飾りリボンを使用したりラッピングの仮止めなどに便利です。 指先でひねる事のできる手芸用の細巻きタイプが便利です。

商品一覧

用途別、リボンの結び方と作り方

ラッピングのリボンを結んだり、作ったりする時に必ず要るアイテムはハサミです。よく切れるハサミ、自分の指や手の大きさに合うハサミを使うのが一番です。ハサミのバリエーションも、ストレートに切りやすいドレスメイキングなどにも使われるハサミや携帯用ハサミ、波型や雲のようなモコモコにカットできるハサミと実に豊富です。ハサミ以外にもリボンの形や結び方にアレンジをきかせることができるホッチキス・穴あけパンチ・ワイヤーもあると尚良いでしょう。

リボン結び方には従来の蝶結び以外にも『ウェーブリボン』・『バタフライボウ』・『ポンポンボウ』・『フレンチボウ』などがあります。しかし、リボン結び方の基本である蝶結びで注意したいのが、縦結びです。縦結びにしないやり方は下のリボンで右の輪を作り、上のリボンを右の輪に上から掛けて左の輪を作りながら下から上に通すと良いでしょう。最後に両方の輪を左右に引っ張って完成です。 ホッチキスは飾りリボンを作る時に使いますが、重ねて使うことが多く、事務用のしっかりしたタイプを使うことをおすすめします。また、ホッチキスの針は従来のシルバー以外にピンク・グリーン・ブルーといった色がありますので、リボンの色に合わせればホッチキスの針が目立ちません。

次に穴あけパンチですが、こちらはリボンに穴を開けて通し、結ぶ時に使用します。穴は2つよりも1つ穴のパンチの方がどの場所からでも穴をあけやすいです。また、1穴のパンチはカード類・書類・伝票の整理にも活用できるアイテムです。

最後にワイヤーですが、こちらは飾りリボンの仮止めをする時などに活躍します。ワイヤーの色はホワイト・グリーン・ゴールドがあり、店舗で使うリボンの色を参考に選ぶと良いでしょう。ワイヤーは指先の力で捻ることができる手芸用がおすすめです。

リボンの掛け方は実に多彩でスタンダードな『蝶結び』・『十字かけ』・『斜めかけ』や一風変わった『二重リボン結び』・『山掛け』・『十字掛けアレンジ』・『センターループ』などがあります。今回はスタンダードなリボンの掛け方を2つ紹介します。

リボンの掛け方の1つに『十字かけ』があります。『十字かけ』はオーソドックスなリボンの掛け方で、様々なギフトシーンに対応できます。『十字かけ』の特徴はギフトのてっぺんにリボンが来る掛け方です。作り方1.商品の頭を左向きに置いてリボンを蝶結びに必要な長さを取ります。2.リボンを脇からまわしかけ、リボンを捻りながら商品の頭の向きを上にします。3.下から上にリボンをかけて、十字の左下から右上にリボンを通します。4.蝶結び用にとっていたリボンを左下にもっていき、右上に通したリボンを持ちしっかり左右に引っ張ります。そうすることによってリボンの結びが強くなります。5.右上に通したリボンを輪っかにし蝶結びをします。これで『十字かけ』のリボンの掛け方が完成です。

もう一つのリボンの掛け方は『斜めかけ』です。『斜めかけ』は包装紙の柄の魅力を引き立たせるラッピング方法となっています。『十字かけ』よりは難易度が1ランク上がります。ただし『十字かけ』はラッピング全般に適応できますが、『斜めかけ』はサイコロ型の箱には向かないラッピング方法です。『斜めかけ』の作り方ですが、1.蝶結びに必要な長さを確保します。慣れるまでは気持ち長めにリボンを確保しておくと、後からでも調節がききやすくおすすめです。2.リボンを右上の角に斜めかけして、箱の下から左下の角にリボンを平行になるよう回しかけます。3.リボンを下から箱の上側から出し、右上の角にかけたリボンに通して蝶結びをします。これで『斜めかけ』のリボンの掛け方が完成です。