会員様限定 5,400円(税込)以上お買い上げで送料無料!

包装紙の材質と特徴

包装紙に使用される紙質の特徴

※表をスクロールしてご覧いただけます

名称 正式名称 特徴
コート コート紙 上質紙などをペーストし、表面に光沢を持たせるための塗料を塗布した白い紙です。
平滑性が良く、印刷した柄が派手に見えます。
純白 純白ロール 片面のみ光沢がある白いクラフト紙です。一般包装紙においては、並口(35g/㎡を使用)と特厚口(40~50g/㎡を使用)に分かれます。柔らかめの材質ですので、比較的包みやすいです。
上質 上質紙 化学パルプ100%を原料とした最も標準的な白い紙です。落ち着いた雰囲気に仕上がるため、和風などの柄・用途に適しています。
晒クラフト紙 光沢のない白い紙です。紙袋用途が主ですが、包装紙としては上質紙と同じ用途で用いる場合があります。
色上質 色上質紙 紙を製造する際に染色で色付けした上質紙です。
未晒 未晒クラフト紙 光沢のない茶色い紙です。梱包紙のイメージもありますが、丁寧に包めばナチュラルなテイストに仕上がります。
半晒 半晒クラフト紙 光沢のない黄土色の紙です。未晒クラフト同様、ナチュラル感がありますが、色味が明るめですので、印刷した柄もある程度明るく再現します。
筋入 筋入クラフト紙 主に封筒に利用されている、筋目の入った茶色い紙です。
独特な風合いが根強い人気です。
蒸着 アルミ蒸着紙 表面にアルミの成分を付着させた高級紙です。
メタリック調ですので、仕上がりは目を引きます。

包装紙のサイズ表

当社規格名 主なサイズ
半才 750×528mm
H (ハトロン) 半才 885×585mm
全才 1058×530mm
H (ハトロン) 全才 1200×885mm