会員様限定 5,400円(税込)以上お買い上げで送料無料!

目からウロコ!カンタンレジ袋の収納術・整理術

レジ袋の収納術・整理術について

スーパーやコンビニで買い物をすれば、必ずといっていいほどもらう「レジ袋」。
しかし、家でうまく収納できず、散らかってしまう原因にもなりやすいんです。
この記事では、レジ袋の収納についての解説を始めとして、シモジマオンラインショップで取り扱いのあるレジ袋の収納をご紹介します。

  1. レジ袋は散らかりやすい
  2. レジ袋の収納術
  3. 手作りグッズで収納
  4. シモジマオンラインショップで取扱のあるオススメアイテム

1.レジ袋は散らかりやすい

スーパーやコンビニ、薬局や八百屋さんなど、買い物をしたときに必ずといっていいほどもらうもの、それが「レジ袋(ビニール袋)」。
スーパーでたくさん買い物したり、コンビニで温かいものと冷たいものを買ったときなど、複数のレジ袋をもらうことも少なくないですよね。

マイバッグを持っていくのがいいとわかっていても、ついついもらってしまい、どんどん溜まっていくレジ袋。
「なにかに使えるかも…」と、家にストックしておきたくなりますよね。

しかし、なかなかうまく収納できていないという方は多いのではないでしょうか?
量が増えやすいので、意外とスペースを取りますし、実際使うときに取り出しづらい…なんてこと、ありがちですよね。
そこで、今回はレジ袋の収納方法やコツ、簡単にできる収納用の手作りアイテムをご紹介していきます!

2.レジ袋の収納術

まずはたたみ方を覚える

レジ袋の収納にかかせないコツといえば、レジ袋をきれいに畳んでおくこと。
薄くて小さいものなど、なかなかきれいに畳んでおけないですよね。
しかし、きれいに畳んでおけば、省スペースになりますし、なんといっても取り出しやすくなるのがポイント。

まずはたたみ方を覚えておきましょう。

  1. まずは袋のシワを全体的にのばし、机などに平らにして置きます。
  2. ハンドル部分が底の部分につくように、ぴったり半分に折ります。
  3. 3つ折りになるよう、右側と左側をそれぞれ内側に折りたたみます。
  4. もう一度3つ折りになるような感覚で、下から1/3の部分を一度折りたたみます。
    袋が大きいときは、最終的に作りたい大きさになるように分割して折ったり、何度か折りたたんでくださいね。
  5. さきほどおりたたんだ部分の上部がポケットのようになっているので、上から1/3の部分をそこに入れ込みます。
  6. きれいな正方形の完成です!

箱や袋などにしまう

さきほどのように小さく折ることができれば、箱などに収納しておくことができます。
見た目も「レジ袋っぽい」見た目ではなく、どことなくスタイリッシュな雰囲気なので、オシャレな箱などに入れれば、「見せる収納」もできそうですね。
またレジ袋を紐のついた紙袋に入れ、壁や冷蔵庫にフックを取り付ければ、省スペースで収納することができますよ。

くるくると巻いてしまう

なかなか時間がなかったり、不器用でキレイに折り畳めない…そんな方におすすめなのが、レジ袋を巻いてしまうこと。
レジ袋を小さくなるまでくるくると巻き上げて、最後に輪ゴムや細いヘアゴムをかければ完成です。
あとは同じように箱や袋にしまってくださいね。

レジ袋ハンガーにかける

タオルをかけられる部分がたくさんあり、省スペースで干すことができるタオルハンガー。
これのレジ袋版である「レジ袋ハンガー」が売っていることがあります。
これを買えば、毎回畳まなくてもよいので楽ちんです。
また、レジ袋の枚数が少ない場合は、市販のハンガーに軽く畳んだレジ袋をかけておいてもいいですね。
しかし、この方法は静電気がまとわりつきやすいのがネックです。
取り出すときに他のレジ袋がくっついてこないよう、そっと取り出しましょう。

3.手作りグッズで収納

ティッシュ箱で作る収納グッズ

ティッシュ箱で作る収納グッズ

こちらはすぐにできあがる、ティッシュ箱を使った簡単な収納グッズです。

  1. ティッシュ箱を用意します。
  2. 上部のティッシュを取り出す透明な部分を残して、他の部分を布や紙など、好きなもので覆います。
  3. ティッシュを取り出す部分にレジ袋をしまっていきます。

    このとき、レジ袋のハンドル同士を絡ませてしまってください。
  4. 完成です。レジ袋のハンドルを引っ張ると、次のレジ袋のハンドルが出てきます。

缶で作る収納グッズ

缶で作る収納グッズ

こちらも簡単にできる収納アイテムです。
靴下を使えば、縫う部分が少なくて済みますよ。

  1. 筒状の缶を用意します。できれば直径が大きめのものだと取り出しやすいです。
  2. 靴下を片方分用意し、爪先部分が底にくるようにかぶせます。
  3. 上までかぶせたら、缶の空いている部分を囲むようにして、靴下内側へはみ出すように引っ張ります。
  4. 底部分の余った布を切ります。このとき、ある程度余裕を持って切ってください。
  5. さきほど切った部分を縫って閉じるか、手芸用ボンドなどで留めます。
    縫うのが難しい場合はガムテープなどで止めたり、ゴムなどで止めても大丈夫ですが、自立しませんので横倒しで使ってくださいね。
  6. 靴下の表面が気になる場合は、ランチョンマットなどのやや厚地の布を巻いて覆います。
  7. 上からレジ袋を入れていけば完成です!
    また蓋付きの缶の場合は、蓋に大きめの切れ込みを入れ、ティッシュのように取り出すのもいいでしょう。
  8. 中身を詰め替えるときは、蓋を開けて入れるだけ。

缶を切るときは怪我に気をつけてくださいね。

牛乳パックで作る収納グッズ

牛乳パックで作る収納グッズ

こちらはなんと、飲み終わった牛乳パックを使ったアイデアです!
簡単にできますので、お子様やご家族と一緒に作ってみてもいいですね。

  1. 牛乳パックの上部分を切り、長方形状にします。
  2. パック全体をお好きな包装紙やマスキングテープなどで覆います。
  3. 1面の下から2~3cm上をレジ袋が取り出しやすい大きさに切り取ります。
  4. 上の開いている部分からレジ袋を入れ、さきほど作った取り出し口から引き出せば完成です。
  5. 冷蔵庫などに吊るして使いたいときは、牛乳パックの上部に穴を開けて紐を通してください。

4.シモジマオンラインショップで取扱のあるオススメアイテム

今回はレジ袋の収納方法と、手作り収納グッズについてご紹介しました。
たくさんもらってしまうと、どうしても散らかってしまうレジ袋。
きれいに収納して、使いやすくしていきたいですね。

レジ袋の収納には、以下のようなアイテムがおすすめです!

4901755607659
4901490054763
4901761100243