会員様限定 5,400円(税込)以上お買い上げで送料無料!

新型肺炎の感染拡大防止に伴う、カスタマーセンター営業時間縮小・商品の品切れ・出荷状況について(2020年4月10日現在)


インテリアにもプレゼントにも!ドライフラワーの作り方

インテリアにもプレゼントにも!ドライフラワーの作り方

インテリアだけでなく、プレゼントやラッピングなど、色々と使えるドライフラワー。
しかし、作るのが難しいイメージがありますよね。
この記事では、ドライフラワーの作り方についての解説を始めとして、シモジマオンラインショップで取り扱いのある関連アイテムをご紹介します。

  1. ドライフラワーはいろいろ使える
  2. ドライフラワーに向く花について
  3. ドライフラワーの作り方
  4. シモジマオンラインショップで取扱のあるオススメアイテム

1.ドライフラワーはいろいろ使える

寿命の短い生花を、きれいに乾燥させたドライフラワー。
とても足が早く、買ったりもらったりしてもすぐに枯れてしまう生花ですが、ドライフラワーにすれば半永久的に楽しむことができますよね。
何かの記念やプレゼントでもらった花でも、ドライフラワーにしておけば、何年も残しておくことができますよね。
見た目もかわいく、保存にもあまり気を使わなくていいので、気軽に楽しめるのがポイント。

そんなドライフラワーはよくインテリアに使われますが、実はインテリア以外にも使い道はたくさんあるんです。

例えばポプリやサシェなどにして、お部屋のフレグランスに。
かごバッグなどに差し込んだり、巻き付けてオリジナルのバッグに。
クリスマスやインテリアのリースに差し込んだり、ドライフラワー自体をリースにすれば、イベントごとに飾って楽しめます。
またプレゼントにお花をいただいたとき、そのなかの一輪をドライフラワーにすれば、お返しのギフトに添えることもできます。

このように、実は色々な使い方ができるドライフラワー。
しかし、作るのが難しそう…というイメージをお持ちの方もおおいのではないでしょうか。
実は、ドライフラワーを作るのは難しくないんです!
少しの時間とスペースがあれば、手をかけずに簡単にできますよ。
これからその作り方についてご紹介していきますので、ぜひ作ってみてくださいね。

2.ドライフラワーに向く花について

まずはお手持ちのお花や、ドライフラワーにしたい花が本当に「ドライフラワーに向いているか」を確認しておきます。
実はすべての花がドライフラワーにできるわけではなく、花によって向いている・向いていないがあるんです。
向いていない花を使ってしまって、うまく作れなかった…とならないように、先にチェックしておきましょう。

ドライフラワーに向いている花

基本的にドライフラワーに向いている花は、「水分が少ない」「花弁の数が多い」「花弁に厚みがある」という特徴をもっているものとなります。
また真紅の花はきれいですが、ドライフラワーにすると黒く変色しやすいので注意が必要です。

例:バラ(赤以外)、ヒマワリ、スズラン、ラベンダー、ミモザ、アネモネ、アジサイ、スイートピー、マリーゴールド、カスミソウ、菜の花、サルビア、アザミ、ジャスミン、センニチコウ、ローズマリーなど。

例えばバラは水分が少なく、花びらの数も多いので、ドライフラワーに向いています。
しかし「真紅」の色は真っ黒に変色してしまうので、真っ赤なバラはドライフラワーに向かない…ということになります。

ドライフラワーに向いていない花

ドライフラワーに向いていない花は、先ほどと逆の「水分が多い」「花弁の数が少ない」「花弁が薄い」ものになります。

例:ダリア、ボタン、パンジー、コスモス、キク、スイセン、ユリ、クチナシ、トルコキキョウ、チューリップなど

ですが、人によっては、ドライフラワーに向いていない花でも「趣がある」「味がある」と感じるものもあるそうです。
どうしてもトライしてみたい花があれば、一度チャレンジしてみてもいいかもしれませんね。

3.ドライフラワーの作り方

ドライフラワーの作り方 ドライフラワーに向いている花・向いていない花がわかったところで、さっそくドライフラワーを作っていきましょう。
ドライフラワーの作り方はたくさんありますが、ここではおすすめの作り方をご紹介していきますね。

1.自然乾燥で作る

陰干しして自然乾燥させる方法が、もっとも一般的なドライフラワーの作り方です。
時間はかかりますが、そのぶん風合いよく仕上がります。

  1. 花びらを均等に少し減らし、花びら同士が重なりすぎないようにします。
  2. 屋外の影になっている部分を探し、そこに一輪ずつ、花が下になるようにして吊るしていきます。
  3. 早ければ1週間ほどで中まで乾燥しますので、そこで完成です。

2.ドライヤーをかける

できるだけ早くドライフラワーにしたい場合は、ドライヤーを使う方法がおすすめです。
2~3日あればできてしまうので、急ぎのプレゼントなどにも役立ちますよ。

  1. 葉を減らしておいたあと、花の部分を下にして、紙袋などに入れます。
  2. 直接花に風邪が当たらないようにしながら、上からドライヤーで温風をかけ、乾燥させます。
  3. 乾燥して色が変わったら、自然乾燥と同じように陰干しし、2~3日置いておけば完成です。

3.乾燥剤で作る

もし屋外で陰干しする場所がなかったり、なかなか時間がない場合は、乾燥剤を使うと便利です。
最近はドライフラワー用の乾燥剤も売っていますので、そういったものを使うのもおすすめですよ。
タッパーに入れて放置しておくだけなので簡単にできるのがポイントです。

  1. 乾燥剤(シリカゲルなど)をタッパーの底が見えなくなるまで詰め込みます。
  2. その上にドライフラワーにしたい花を置きます。
  3. 花が潰れないようにする、もしくは押し花のようになるように、花の上にも乾燥剤を置き、花が見えないぐらいまで詰めます。
  4. タッパーの蓋を閉め、1~2週間おけば完成です。

4.シモジマオンラインショップで取扱のあるオススメアイテム

今回はドライフラワーの作り方と使い道についてご紹介しました。
思っていたよりも簡単だったと感じた方も多いのではないでしょうか?
お家に生花があれば、さっそくチャレンジしてみてくださいね。

ドライフラワーを作るときは、以下のようなアイテムがおすすめです。

4562193679020
4562193679006
4562193679013